| 公式ブログ | パソコン修理のパソコンテック

パソコン修理のパソコンテック

企業ご担当者様
代理店募集について

パソコン修理のパソコンテック

パソコンの動作が重い場合はタスクマネージャを起動

こんにちわ、パソコン修理のパソコンテック新宿店の浅原です。

 WindowsやMacに関わらず、パソコンは購入から2年ほど経過すると、突然動作が鈍くなったり、もたつくような経験、みなさんお持ちだと思います。

会社から支給されたパソコンなら定期的にメンテナンスを会社側で行ってくれるような場合もありますが、故障とまではいえないようなパソコンのもっさり感に襲われると、自分でなんとか直さないといけないケースもありますよね。さらに、個人で所有しているパソコンで動作が重くなったとき、家電量販店で購入されている方は保証もついていると思うので、保証期間内なら購入店に持ち込むのがベストです。しかし、最近はネットでパソコンを購入される方も多いと思います。ネット経由でパソコンを購入すると、実は保証を受けるための準備がとても大変。そもそも補償対象内か対象外かで、無償か有償かどうかが決まってくるので、いずれにしてもいちどパソコンを手元から手放さなければなりません。そんな手間は、だれもが煩わしいと思い、結局は動作の悪くなったパソコンをそのまま放置して、購入から3~4年が経過して、、最終的には保証も効かない時期に突入し、修理代も高くつく可能性が高くなり、結局は買い替えの選択肢しか残っていない・・・そんな経験をお持ちの方、とても多いと思います。

まずは、パソコンの動作が重くなっているおおまかな原因を知ることで、その後の解決策が具体的になってくることが多くあります。このページでは、パソコンの動作が重くなった場合に、最初にチェックすべきことをご紹介いたします。

タスクマネージャを起動する

Windowsのパソコンにはタスクマネージャという機能があります。簡単に説明すると、パソコンの状態(パソコンにかかっている負荷の状態)をチェックするための機能です。タスクマネージャ機能を起動する方法は簡単です。

 

1)Ctrlボタン+Altボタン+Deleteボタンの3つを同時に押します。
2)画面が切り替わったら「タスクマネージャ」をクリックします。
3)タスクマネージャが起動・表示されます。
4)「プロセス」の右の「パフォーマンス」のタブを選択します。

パフォーマンス」のタブを選択すると、下の画像のように左側にメニューが表示されます。このとき1番上に表示されている「CPU」とは、「CPU(シーピーユー)」と呼ばれるパソコンの処理装置、車でいうとエンジンの部分です。このCPUの状態が棒グラフで表示されています。この画像では「CPU」の下に「3%」と表示されていますが、処理能力のうち3%を使用しているという意味です。この値は、パソコンにとって快適な状態で、ほとんど負荷がかかっていない状態です。仮に、90%や100%の状態が続くようなら、普段パソコンで使用しているソフトを処理するための能力がパソコンには足りていないことになります。この「CPU」に大幅な負荷がかかっている場合は、残念ながらパソコンが重くなるという症状を改善することは難しいので、パソコンの使い方・用途によっては、CPUの能力が高いパソコンに買い替える必要があるかもしれません。

この画像では「CPU」の下に「3%」と表示されていますが、処理能力のうち3%を使用しているという意味です。この値は、パソコンにとって快適な状態で、ほとんど負荷がかかっていない状態です。仮に、90%や100%の状態が続くようなら、普段パソコンで使用しているソフトを処理するための能力がパソコンには足りていないことになります。この「CPU」に大幅な負荷がかかっている場合は、残念ながらパソコンが重くなるという症状を改善することは難しいので、パソコンの使い方・用途によっては、CPUの能力が高いパソコンに買い替える必要があるかもしれません。

 

5)次に、下の画像のように左メニューの中から「メモリ」を選択します。

「メモリ」とは、簡単にいうとデータを記憶するためのパソコン本体に内蔵されている部品です。スマホなどでは「RAM(ラム)」と呼ばれる部品。下の画像では「5.1/8.0GB(64%)」とありますが、これはこのパソコンが使用できる記憶領域(メモリ)の全8.0GBのうち、5.1GBを使用している状態です。たとえば、IEやクロームなどのWEBブラウザやExcelなどのOfficeソフトなどを同時に立ち上げていると、パソコンはそれらのすべての挙動を記憶しようとします。するとメモリに負荷がかかり、パソコンの動作が重くなります。もし、メモリの負荷によるパソコンの動作不良であれば、メモリ部品の交換によって動作は劇的に改善します。

 

6)次に、左メニューの中から「ディスク」を選択します。

「ディスク」とは、「メモリ」がデータ等を一時的に”記憶”するのとは異なり、データを保存している部品です。タスクマネージャ上では、ハードディスクに保存しているデータの容量をチェックするものではなく、ブラウザやデータを開く際にパソコンがハードディスクからデータを読み込む際の処理能力を含めたパフォーマンスの値を表示しています。下の画像のように「99%」となることもありますが、棒グラフを見ての通り、一時的に値が上がる分には問題ありませんが、常に「99%」や「100%」といった値になっていると、パソコンの動作が重くなったり、フリーズしてしまう原因となります。この場合は、単にハードディスクの部品に原因がある場合もあれば、メモリの処理能力の方に原因がある場合もあります。また、ディスクの設定、パソコン全体のパフォーマンス設定を適切な状態に変更してあげることで、状が解決することも多くもあります。

 

まとめ

このようにタスクマネージャからパソコンの状態を知ることができ、問題の解決への糸口が見つかることがあります。そのほか、パソコンのメモリやディスクの状態だけでなく、特定のソフトやアプリケーションが原因になっていることもあります。

パソコンの動作が重くなる原因は多数ありますが、まずは、タスクマネージャでメモリとディスクの状態を調べることが重要です。

ご不明な点、解決できない問題がございましたら、ぜひパソコンテック新宿にご相談ください。

パソコン修理店舗一覧
Android Store list